中尊寺東物見台までの所要時間・地図を紹介

東物見台

基本情報
名称 東物見台 (ひがしものみだい)”東物見台から束稲山を望む”
所在地〒029-4195
岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202地内-中尊寺境内-
拝観時間夏季(3/1~11/3)8:30~17:00
冬期(11/4~2/末)8:30~16:30
拝観料無料
電話番号0191-46-2211
HPこちら
駐車場中尊寺第1.第2駐車場
スポンサードリンク

東物見台

中尊寺境内入口から杉並木の上り坂(月見坂)を進むと右側中腹に東物見台があります。
そこからは、北から流れる大河、北上川とそれに西から加わる衣川、そして北に広がる平野が見渡せます。 平野は経清公と阿部氏が守ろうとした奥六郡の地で、対岸には北上山地の山並み束稲山です。

平安時代平泉を訪れた歌人西行法師は束稲山に咲き誇る一万本の桜に当時の平泉の都ぶりを合わせ詠んでいますが、 今それを見ることは出来ません。(写真上記) 現在、衣川の鉄橋の上は汽車が走り、バイパスが通り、前九年の役の戦跡、衣川の柵、衣川の館は今、畑や田んぼになっています。

心の中で歴史のイメージが、物語が、フツフツと湧き出て来る私の好きな場所です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

↑ PAGE TOP