平泉の観自在王院跡を地図、所要時間を掲載しています。

観自在王院跡

基本情報
名称 観自在王院跡 (かんじざいおういんあと)【世界文化遺産登録資産】
所在地〒029-4195
岩手県西磐井郡平泉町平泉字志羅山地内
拝観時間自由
拝観料
電話番号
HP
駐車場毛越寺駐車場(町営)
スポンサードリンク

観自在王院跡

毛越寺の東に隣接する観自在王院跡は二代基衡の妻が建立したとされる寺院跡です。
寺域は、東西四百尺、南北八百尺で、舞い鶴池には巨石を積み重ねた荒磯模様の石組、小じんまりした洲浜、東西に長い中島などがあります。
北岸は広庭、それに向かって西には、大阿弥陀堂跡、東に小阿弥陀堂跡。東岸には、 鐘楼跡と普賢堂と伝えられる遺跡もあります。また西側の毛越寺との境には車宿も発見されています。
小阿弥陀堂の北に基衡夫人墓と称される墓碑があります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

↑ PAGE TOP