平泉を詠んだ宮沢賢治詩碑を紹介しています。

宮沢賢治詩碑

基本情報
建立場所 中尊寺 金色堂敷地内 入口
スポンサードリンク

宮沢賢治詩碑

七重の舎利の小塔に
蓋なすや 緑の燐光
大盗が銀のかたびら
おろがむとまづ膝だてば
赭のままこただつぶらにて
もろ肱映えかがやけり
手触れ得ぬ舎利の寶塔
大盗は禮して没ゆる

場所 中尊寺金色堂
建碑 昭和34年

「七重の舎利の小塔」とは、中尊寺の有名な「金色堂」のことだそうです。
ここに、赤いぎょろ目の「大盗」が現れて、膝立ちになって宝塔を拝もうとします。
「銀のかたびら」を身にまとっていますから、そこらの普通の泥棒ではなくて、 よほどの大物であることがうかがわれます。
 大盗は、たんなる参拝客として訪れたはずはありません。
もちろん拝んだ後には、宝物を頂戴するつもりだったのでしょうが、 なぜか彼は宝塔に手を触れることができず、結局そのまま礼をして去っていった、という話です。
どこかの民話にでも出てきそうなシーンですが、とくに中尊寺にこのような逸話が残ってい るわけではなく、これは宮沢賢治の創作のようです。 ……
石碑の部屋さんのHPより引用させて頂きました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

↑ PAGE TOP