平泉の無量光院跡を地図や所要時間を掲載しています。

無量光院跡

基本情報
名称 無量光院跡 (むりょうこういんあと)【世界文化遺産登録資産】
所在地〒029-4102
岩手県西磐井郡平泉町平泉字花立
拝観時間自由
拝観料
電話番号
HP
駐車場有り
スポンサードリンク

無量光院跡

三代秀衡が造営した無量光院は宇治平等院の鳳凰堂を模して建立しました。
藤原氏滅亡後は伽藍が消失、現在は遺跡のみとなりました。 そのほとんどは水田化していますが、現在でも池跡、中島、堂礎が残っています。

昭和27年の発掘調査によると東西に走る伽藍の軸線が東門・橋・中島・橋・堂を貫いて、 その先に金鶏山が望まれたという壮大な寺院であったと思われます。
この無量光院跡からの金鶏山の写真がこちらtopページの写真です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

↑ PAGE TOP