平泉の世界遺産観光は定期観光バスコースを利用。

仙台空港~松島~平泉 定期観光バスコース

定期観光バス

岩手県北バスは2017/1/25日から、 仙台空港と日本三景松島・奥松島、世界文化遺産の平泉を結ぶ定期観光バスを運行しています。
仙台空港を起点とした「松島・平泉線」と「松島・奥松島観光周遊バス」の2ルート。ともに松島海岸などを経由し、 松島・平泉線は中尊寺(平泉レストハウス前)、松島観光周遊バスは奥松島(震災復興伝承館、大高森)まで向かいます。 松島海岸までは1日5往復、その先の奥松島や平泉まではそれぞれ1日2往復します。
空港から乗り換えなしで各地を巡る周遊型観光ができ、予約なしで乗車可能。ガイドが同乗して観光案内し、 5月からは外国語での案内も行う予定です。(2018年度までの予定)

スポンサードリンク

定期観光バス

只今運休中
コース内容と所要時間

岩手県交通バス㈱が運行しています定期観光バスコースです 所要時間はおよそ6時間の見学コースとなります。

義経コース

一ノ関駅前 平泉駅前 中尊寺 平泉文化遺
産センター
           
一ノ関駅前 厳美渓 達谷窟 毛越寺
   
中尊寺 中尊寺
奥州藤原氏三代ゆかりのお寺。平安時代の美術、工芸、建築の粋を集めた金色堂 など多くの文化財を有する。 2011年世界文化遺産に登録
平泉文化遺産センター 平泉文化遺産センター
平泉の歴史文化を幅広く紹介。また発掘調査で出土した重要な考古資料を多数展示している。
毛越寺 毛越寺
850年中尊寺と同年に円仁が創建。基衡および秀衡が壮大な伽藍を建立した。 その後、大火で焼失。2011年世界文化遺産に登録。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

↑ PAGE TOP