平泉の観光では伽羅御所跡を掲載しています。

伽羅御所跡

基本情報
名称 伽羅御所跡 (きゃらごしょあと)
所在地〒029-4102
岩手県西磐井郡平泉町平泉字伽羅楽地内
スポンサードリンク

伽羅御所跡

秀衡、泰衡の居館と云われる伽羅御所跡は、北に猫間ケ淵、東に北上川西に鈴沢の地を置いて城塞の備えとなっていました。 今は水田化、宅地化となっています。

無量光院東門構一郭号伽羅御所、秀衡常居所也。泰衡相継之、為居所焉。

[無量光院の東門に一郭を設け伽羅と号す。秀衡が常の居所なり泰衡相継ぎて居所となりけり。]
吾妻鏡

遺跡の井戸跡から金銀の蒔絵箱に納められた和鏡が見つかりましたが、 民家が密集している地域のために大規模発掘調査を行うことができず、 伽羅御所の全体像、詳細は不明。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

↑ PAGE TOP